募金事業

工学部創立80周年記念事業 募金事業

募金趣意書[pdf:78KB]

山口大学工学部創立80周年を記念し、特別講演会等の記念行事や若手研究者や学生の支援、キャンパス環境整備等の事業実施を通じて、次世代の技術者、研究者を育成します。

来たるべき創立100周年を見据え、創立80周年を新たなスタートと考えております。

工学部が「ものづくり」をキーワードとして蓄積してきた様々な知見を活かしつつ、新しいものを積極的に取り入れ、イノベーションの創出とSociety 5.0を支える、次の時代あるいはその次の時代を担う人材の育成を目指して、さらなる進化を続けたいと考えております。

次世代の人材育成への取組みを実現するため、本趣旨にご賛同、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

総事業費

1,000万円(募金目標額)
内訳1)特別講演会100万円
2)ホームカミングデー関連事業100万円
3)若手研究者支援300万円
4)学生教育支援300万円
5)キャンパス環境整備(植栽整備、基盤的設備 等)200万円

募金の範囲

1)山口大学工学部卒業生
2)山口大学工学部教職員
3)その他本記念事業に賛同する法人及び個人

募金の方法

1)1口 5,000円
(ご寄附をいただいた個人及び法人の方々のご協力に感謝し、ご芳名録(匿名希望者を除く)を作成し、工学部80周年記念事業ホームページに掲載させていただくほか、工学部の歴史に末永く留めさせていただきます。)
2)応募方法
払込取扱票(兼寄附申込書)により、お振り込みください。
なお、手数料は不要です。
口座振込 郵便振替口座
    口座番号 01300-4-88796
    口座名  国立大学法人山口大学
※そのほかの金融機関については、払込取扱票(兼寄附申込書)に記載
3)募金期間 2020年3月31日まで(必要に応じて延長する場合があります。)

事務局

〒755-8611 山口県宇部市常盤台2丁目16-1
※本件に関するお問合せにつきましては、下記宛にお願いします。
 山口大学工学部総務企画課長 TEL:(0836)85-9002

寄附行為に対する税制上の優遇措置

山口大学へのご寄附については、個人・法人等を問わず、税制上の優遇措置が講じられます。なお、「振替払込請求書兼受領書」は、税制上の優遇措置を受けるために必要な証明書としての役割を果たすものなので、大切に保管してください。

【寄附者が個人の場合】
寄附金控除を受けるには、確定申告が必要です。
1)所得税
(寄附金額-2,000円)を課税所得金額から控除できます。
*控除を受けられる寄附金額は、総所得金額の40%が上限となります。
2)個人住民税(県民税・市町村民税)
①山口県にお住いの方(寄附された翌年の1月1日現在)

県民税の寄附金税額控除が受けられます。
 お住いの市町村の条例に山口大学への寄附が寄附金税額控除の対象に指定されている場合は、市町村民税の寄附金税額控除が受けられますので、お住いの市町村の税務担当へお問い合わせください。

②山口県外にお住まいの方

お住いの市町村の税務担当へお問い合わせください。

【寄附者が法人の場合】
寄附金の全額を損金に算入することができます。
(発起人)
山口大学工学部長堤  宏守
山口大学工学部副学部長望月 信介
一般社団法人常盤工業会(山口大学工学部同窓会)会長藤井 輝夫
山口大学工学部教育後援会会長村中 博美