工学部研究紹介 研究詳細

カビの原因となる結露を発生させない衛生的な空調システムを開発
ヒートポンプ組み込み型デシカント空調システムの実験施設(東京大学生産技術研究所)
高気密化が進む現代の建築。室内湿度の上昇がカビ、ダニなどの繁殖を活発にし、建物の腐朽や室内の空気汚染を引き起こすダンプハウス(湿気た家)と呼ばれる問題が顕在化してきています。これに対して、室内湿度制御が容易でカビの原因となる結露を発生させずに除湿が可能なデシカン卜空調(吸着材を用いた空調)が注目されています。このデシカン卜空調にヒートポンプを組み込むことにより省エネを図った空調システムを考案し、実規模の施設を用いてその性能を検証しています。既存システムとの比較検討、冷房通期の消費エネルギー量の解析、暖房加湿運転時の性能検討などを行うことによりその実用性を調べています(東京大学生産技術研究所と共同で実施)。
また、空気式太陽熱集熱器で得られた高温空気を利用して吸着材の再生(吸着した水分を追い出すこと)を行うことが出来るデシカン卜空調システムの研究も行っています。

小金井 真

Koganei Makoto

研究関連キーワード
  • 建築設備
  • 熱環境
  • 空気環境
  • 環境設備計画