本学が参画するコンソーシアムが第1回「インフラメンテナンス大賞」文部科学省特別賞を受賞

本学が参画するコンソーシアムが第1回「インフラメンテナンス大賞」文部科学省特別賞を受賞

(平成29年6月9日掲載)

本学が岐阜大学・長崎大学・愛媛大学・長岡技術科学大学・舞鶴工業高等専門学校と組織する、「社会資本の整備及び維持管理等に係る人材育成コンソーシアム」が第1回「インフラメンテナンス大賞」文部科学省特別賞を受賞しました。

この賞は日本国内の社会資本のメンテナンスに係る優れた取組や技術開発を表彰し、ベストプラクティスとして広く紹介するものです。

この度受賞したコンソーシアムでは、社会人の学び直し事業として、インフラ維持管理技術者の育成を継続しています。また、それぞれの地域では、産官学からなる人材育成事業支援団体を立ち上げ、技術者育成だけでなく、育成された技術者のフォローアップを通じて、建設業界の活性化に寄与しています。本学では工学部社会建設工学科が中心となってコンソーシアムに参加しており、コンソーシアムメンバーと連携を図りつつ、地域のインフラ維持管理技術者の育成に貢献しています。

【受賞案件】
応募部門:メンテナンスを支える活動部門
案件名:健全なインフラメンテナンスをリードする技術者の育成事業(ME養成及び道守養成)

【参考】
国土交通省ホームページ「第1回「インフラメンテナンス大賞」の受賞者を決定しました!」http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo03_hh_000162.html

「社会基盤メンテナンスエキスパート山口」が国土交通省登録資格に登録されましたhttp://www.eng.yamaguchi-u.ac.jp/topic/2016/t201703031.html

社会建設工学科が開設している社会基盤メンテナンスエキスパート(ME山口)養成講座の風景