工学部研究紹介 研究詳細

プラズマシンセティックジェットアクチュエータによる流れ制御と小型無人航空機
PSJA非作動時(上図)と作動時(下図)のコンピュータシミュレーション結果。
色は流速を表し、剥離(青部分)が抑制されていることが分かる。
電気を作り出すためのターボ機械の効率を高めたり、飛行機や自動車の燃費を良くする為には流体の流れを正確に知る必要があります。そのためには風洞などの実験装置を使って実験を行い様々な手法で計測するか、コンピュータを使ったシミュレーションを行います。それぞれの手法に長所と短所がありますが、私の研究室では実験班とシミュレーション班に別れ、お互いに切磋琢磨し、それぞれの長所が生かせるようにしています。例えばプラズマシンセティックジェットアクチュエータ(PSJA)の研究では、実験で定量的な測定を行って実際に効果があることを確かめた後、シミュレーションで流れの詳細を調べています。このPSJAは流れ制御デバイスとして近年大きな注目を集めており、私たちは早くから先導的な研究を行ってきております。また、観測用小型無人航空機の研究も実機実験、大気乱流を考慮したモデルシミュレーション両面から行っています。

小河原 加久治

Ogawara Kakuji

研究関連キーワード
  • 流体計測
  • 複雑系
  • 航空宇宙システム
  • 数値流体力学